エゾウコギや五加参の効能は本当か?

エゾウコギ(蝦夷五加)とはシベリア人参とも呼ばれるウコギ科エゾウコギ属の薬用植物です。

根は古くから漢方や生薬の原料として、ごかじんとして一般人に使われてきました。

効能は同じウコギ科の自然の高麗人参よりも高いと実は以前は言われていますので、このようにビタミンAが多く含まれ、その他にタンニン、黒ゴマに多く含まれるリグナン類のセサミン、コーヒーに多く含まれるカフェ酸などのファイトケミカルが含まれています。

1960年代から一部のオリンピック選手であるアスリートの間で愛用され、スポーツ界を中心にマスコミでも注目されてきました。

現在では一般の方からも健康維持のための貴重な栄養源としてコンディションを、安定させて整えるために幅広くごかじんは愛飲されています。

つまり、エゾウコギ五加参ゴカサン(刻み)は保険適用の医薬品ではなく健康補助の漢方薬となります。

簡単な五加参を家で飲む方法とは

エゾウコギは刺五加(しごか)・ごかじん 漢方)・五加皮(ごかひ)ともよばれています。

主成分は、七種類のトリテルペーイド系の配糖体(エレウテロシドA〜G)です。

これはウコギ科の落葉低木、エゾウコギの根および根茎を用いたものです。

漢方では風湿・強筋骨・強壮の効果がありますが、または背中や腰のリウマチの痛みなどによる影響で関節痛や筋肉痛・腰や膝の筋力低下・インポテンツなどに通常はここで用いられています。

これは、やはり肉体的、精神的にさまざまな外的要因のストレスがかかる現代社会においては不可欠な、エゾウコギは毎日のエネルギー補給源として、幅広い年齢層の方に支持され続けています。

【ごかじん お召し上がり方の一例】

・鍋又はやかん等に約600mlの水を注ぎ、ここでは本品をお好みによります。

その量は通常は5g〜15g入れて大き目の鍋でゆっくりと弱火にかけます。

ここで沸騰後約5分〜15分煮出します。

熱いうちに残ったカスを捨て、そのまま又は冷やしてお茶がわりに数回に分けてお召し上がり下さい。