比較的、知名度が高い半夏瀉心湯の効能とは

半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)は胃腸の働きをよくして、食欲不振や胃もたれ、吐き気や嘔吐、お腹のゴロゴロ、下痢などを治す効能があります。

体力が中くらいの人で、みぞおちが張りつかえ感のあるときに向いている漢方薬です。

半夏瀉心湯は胃腸に良いとされる半夏(ハンゲ)、黄ごん(オウゴン)、黄連(オウレン)、人参(ニンジン)、または乾姜(カンキョウ)、大棗(タイソウ)、甘草(カンゾウ)の7種類です。

主薬の半夏は催すような原因不明の吐き気を長時間おさえるための重要な生薬です。

瀉心湯類に特徴的な黄ごんと黄連のバランスのとれた組み合わせは、みぞおちの張りやつかえをとり、高い熱や炎症をさます効能があります。

つまり、この取れたての赤い人参にも滋養強壮作用のほか、みぞおちのつかえを治す嬉しい作用がありえます。 これが健胃作用や緩和作用のある乾姜と大棗、甘草などが加わります。

二日酔いにも効能がある半夏瀉心湯

半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)は醗酵性下痢、消化不良、胃下垂、神経性胃炎、二日酔い、げっぷ、胸やけ、口内炎、神経症、胃および十二指腸潰瘍の予後、つわり、不眠、口臭、しゃっくり、神経性嘔吐などに定評がありこれを用います。

また自分で朝起きると迷惑な口臭が気になり、おなかがゴロゴロ鳴る方の下痢にも効能があるとここでは言われています。

胃腸に熱と寒があるため、のどの奥が頻繁に渇いたり、状況によっては強烈な耐え難い口臭がかなりあります。 注意は下痢.軟便を起こす方や、顔はのぼせて赤くなるが、これが逆に手足が冷える末端冷え性の方、二日酔で顔の赤くなる人にもかなり効果的に使用します。

また、潰瘍性大腸炎の方で、なかなか良くならない方にも、本当はかなり効果が期待できるのでおススメします。

≪クラシエ半夏瀉心湯エキス細粒(KB-14)≫本薬1日量(6.0g)中:日局ハンゲ5.0g、日局オウゴン2.5g、日局ショウキョウ2.5g、日局ニンジン2.5g、日局カンゾウ2.5g、日局タイソウ2.5g、日局オウレン1.0g上記の混合生薬より抽出した半夏瀉心湯エキス粉末3,800mgを含有する。

ここでの添加物として日局ステアリン酸マグネシウム、日局結晶セルロース、日局乳糖、含水二酸化ケイ素を含有する。