抑肝散(ヨクカンサン)は神経の高ぶりをおさえ、また、足の筋肉の“こわばり”や“つっぱり”をゆるめて、心と体の状態をよくします。

具体的な症状としては、イライラ感や不眠などの精神神経症状、他には、手足の微妙なふるえ、長時間のけいれん、子供の夜なきやひきつけなどに適応します。

疳の強い子供にも好んで用いられ、また腹直筋が緊張していることも、一般的な使用目安です。

虚弱な体質で頻繁に神経がたかぶるものの次の諸症: 神経症,不眠症,小児夜なき,小児疳症に効果がここではあるとされています。

大杉製薬の医療用漢方製剤の抑肝散エキス顆粒製剤は、この効能・効果は市販の一般薬よりも濃度が約1.5〜2倍あります。

抑肝散の構成生薬は柴胡(サイコ)、釣藤鈎(チョウトウコウ)、蒼朮(ソウジュツ)、茯苓(ブクリョウ)、当帰(トウキ)、川きゅう(センキュウ)、甘草(カンゾウ) の7種類です。

柴胡は、高い熱や炎症を急激にさまし、腹直筋など筋肉の緊張をゆるめる働きをします。

この釣藤鈎には脳循環をよくするプラスの作用があるとされ、意思と反する手足のふるえ・長時間のけいれんなどにも、かなり効果的であるとここでは考えられます。

蒼朮と茯苓は、水分循環を改善する漢方の代表的な利尿薬です。

茯苓には、気分を落ち着けたり、激しい心臓の動悸を緩和してしずめる作用も昔からあるといわれます。

これによって、全身の血行をよくして貧血症状を一撃で治す当帰と川きゅう、緩和作用の甘草が加わります。

これらがいっしょに適切に働くことで、よりよい効果をここでサポートし発揮してくれます。

そして、これが大型病院では、煎じる必要のないような乾燥エキス剤を用いるのが、使い方としては近年では一般的です。

≪オースギ抑肝散エキス成分≫本剤は1日量7.5g(または3包)中 日局トウキ3.0g 局外生規チョウトウコウ3.0g 日局センキュウ3.0g 日局ビャクジュツ4.0g 日局ブクリョウ4.0g 日局サイコ2.0g 日局カンゾウ1.5g 上記生薬より抽出した水製乾燥エキス(抑肝散料エキス)3.7gを含有する。