チェックしておきたい麦門冬湯の効能とは

麦門冬湯は、漢方の古典といわれる中国の医書「金匱要略[キンキヨウリャク]」に収載されている薬方です。

痰がきれにくく、のどにからんだりするときのせきや鼻水や気管支炎に効果があります。

日本の市販されている漢方では痰のきれにくい咳、気管支炎、気管支ぜんそくに効能があると昔から伝統的にもされています。

自立神経の緊張を解く働きがある漢方薬でで、主薬の「麦門冬」をはじめ6種類の生薬からなりたっています。

これは痰を普段より出しやすくする主薬の麦門冬です。 これはこみ上げる咳や鼻水、吐き気をしずめる半夏、滋養強壮作用のある赤黒い人参、のどの炎症を抑える粳米、痛みを緩和し咳を鎮める甘草からこれは成り立っています。

麦門冬湯の副作用や注意点 として、こういった配合生薬に「甘草」が含まれているのです。

やはり、これらの大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることが少なからず可能性としてはあります。

副作用の危険などは麦門冬湯の効能は気にしなくて良いでしょう

麦門冬湯(バクモントウトウ)は喉を適度に潤し、鼻水や咳の回数を即座に鎮める効能があるのです。

痰の切れにくい咳、気管支炎、気管支喘息などを改善し、奥からこみあげてくるような強い咳で、咳をすると、かなり顔が徐々にほてり赤くなり、粘り気のある痰や喉の渇き、喉の異物感をともなう人にこれは用いられる。

麦門冬湯は、肺などの呼吸器系の過度の乾燥に起因する、咳や気管支炎、肺炎などを適切に治療するものです。

そしてポイントを簡単に説明すると乾燥を潤す特殊な効能が昔からあるとされています。

これによる影響は透明な少量の鼻水や濁ったような痰がたくさん絶えずでるような初期の状態(つまり水分過多な状態)で使用すると、状況やコンディションが悪化してしまうことが、体調によっては稀にあります。

≪麦門冬湯:350錠≫100錠中、バクモンドウ末9.08g/ニンジン末・カンゾウ末各1.88g/ハンゲ末・コウベイ末各4.58g/水性エキス3g(バクモンドウ10g/ハンゲ・コウベイ各5g/タイソウ・ニンジン・カンゾウ各3g)。