P-チェックは妊娠したときに分泌されるhCGというホルモンが尿中に含まれているかどうかを検出する妊娠検査薬です。

朝・昼・夜、いつの尿でも瞬時に検査でき結果が分かります。

妊娠の早期発見が重要なのは妊娠している場合、次の生理予定日ころには、すでに、これは妊娠4週間目に実はあたります。

このころから妊娠15週目(妊娠4ヵ月)ごろまでの妊娠初期は、胎児の脳や心臓などのいろいろな主要器官ができ始める重要な時期です。 ここでは胎児が外からの影響を最も受けやすい時です。

ですので、妊娠しているかどうかをできるだけ早く知ります。 栄養摂取や薬の使用に充分に気をつけないといけません。

過度の飲酒、喫煙、風疹などの感染症や放射線照射(レントゲン)などに避けることが胎児の健全な発育と母体の健康にとって大切になります。

妊娠検査薬のデジタルP-チェック は、デジタル表示で結果を判定する妊娠検査薬で、朝、昼、夜いつの尿でも短時間で検査できます。 数字でデジタル表示でわかりやすく判定結果が見ることができる、正確性が99%以上と信頼性の高い妊娠、排卵日検査薬です。

またテストスティックが1回使いきりなため、殺菌され清潔で安心して、ここで何度もお使いいただけます。

つまり、この新しいデジタルP-チェックは、将来に元気な赤ちゃんを無事妊娠したときに分泌されるというタイプのhCGという特殊なホルモンが尿中に、これが基準以上に含まれているかどうかを高確率で検出する試薬です。

このhCGは妊娠(受精卵の着床)後、徐々に分泌されます。 この生理予定日やその前に焦って検査すると、ここでは数値はhCGがごくわずかなので妊娠していても失敗して陰性になる可能性があります。

妊娠検査薬での検査は、生理予定日1週間からをお勧めします。

≪P-チェック成分≫マウスモノクローナル抗hCG抗体 1.45μg、マウスモノクローナル抗hCG抗体結合金コロイド 3.37μg